alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

スウェージロック社、10回目となるノースコースト99を受賞

スウェージロック社、10回目となるノースコースト99を受賞


本文は、米国スウェージロック社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。原文との間に内容的な齟齬がある場合には、英文が優先されます。原文については 英語版 をご覧ください。

2020年9月1日 — 流体システム・コンポーネントの製造およびソリューションを提供するスウェージロック社(本社:米国オハイオ州ソロン、会長、社長兼最高経営責任者:トーマス・F・ロジック)は、 雇用者調査会(ERC:Employers Resource Council) より、オハイオ州北東部の優秀な職場99社に選出されたことを発表しました。スウェージロック社が ノースコースト99 を受賞するのは、今回で10回目となります。

ノースコースト99は、22年目を迎えた毎年恒例の表彰プログラムであり、オハイオ州北東部の優秀な職場99社に贈られます。「ノースコースト99は、単なるビジネス賞やイベントではありません。雇用者が従業員の生活だけでなく、地域社会の経済的活力にも顕著な変化をもたらすことを支援するべく、ERCが立ち上げた1年間の調査プロジェクトなのです」と、プログラムを統括するERCのクライアント・サービス担当ディレクター、サマンサ・マルクス氏は述べています。

ノースコースト99の受賞者は厳格な応募プロセスを経て、企業戦略、ポリシー、福利厚生、人材の誘致/採用/研修、従業員の福利厚生、従業員のエンゲージメントと人材開発、総合報酬、ダイバーシティ&インクルージョンといった分野で、いかに優秀な人材の採用/開発/維持に取り組んでいるかについての詳細な情報を求められました。

「10回目のノースコースト99を受賞できたことを嬉しく思います。これは、従業員の尽力のたまものにほかなりません。才能やエネルギーを会社と共有し、良好な職場環境を作り、高品質の製品とサービスをお客さまに提供してくれているスウェージロック社員に敬意を表します」と、最高人事責任者のデビッド・J・ルカレッリは述べています。

「特に今のような前例のない時代に、今年のノースコースト99の受賞者を表彰できることは喜ばしい限りです。受賞した企業はいずれも従業員の満足度を向上させるべく、今日の市場において欠かせない進歩的かつ革新的な人事制度や福利厚生を取り入れています。高い評価を受けた受賞者のサクセス・ストーリーを共有できることを願ってやみません」と、ERC社長であるケリー・キーフ氏は述べています。

2020年のノースコースト99プログラムは、アンセム・ブルー・クロス&ブルー・シールド、キャリアカーブ、クリーブランド・マガジン、ERCヘルス、ジーノズ・アワード、インパクト・アーキテクト、マロニー+ノヴォトニー、ウェイファインド・クリエイティブ、マイヤーズ、ローマン、フリードベルク、ルイス、オズワルド社、スタッフィング・ソリューションズ・エンタープライズ、アルティメット・ソフトウェアの後援のもとに実施されています。

スウェージロック社について

年間売上高約20億米ドルのプライベート・カンパニーであるスウェージロック社は、オイル/ガス、化学/石油化学、半導体、輸送などの業界に向けて流体システム製品、アセンブリー、サービスの開発を行っています。米国オハイオ州に本社を置くスウェージロック社は、70カ国で200カ所以上の指定販売会社を展開し、また20カ所の製造施設、5カ所のグローバル・テクノロジー・センターでは5,500人を超える従業員が勤務しています。

雇用者調査会(ERC)について

1920年に設立されたERCは、職場環境の向上をサポートするべく、トレーニング、人事コンサルティングとサポート、コーチングと評価、調査などのサービスを提供しています。また、ERCはオハイオ州のERC健康保険プログラムのスポンサーも務めています。ERCとそのサービスに関する詳細につきましては、 ウェブサイト をご参照ください。