alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

ガス供給システムを最適化するには

効率的にガスを供給し、コストの削減や安全性の向上を実現するには

精製所、研究施設、実験室といった現場においてオペレーションを効率的に行うには、ガス供給システムが欠かせません。しかしながらこのような施設では、ガスの供給は重要なプロセスとはみなされていないこともあります。その他のオペレーション上の優先事項に時間とリソースを割り当てざるをえないというのが現状ではないでしょうか。

しかし、社内でシステムを設計するにせよ、ガス・サプライヤーの協力を得てシステムを構築するにせよ、ガス供給システムを最適化しなければ、現場の安全性の向上やオペレーション・コスト削減を実現することはできません。実際、スウェージロックのフィールド・エンジニアリング・スーパーバイザーを務めるジョン・ケストナーによると、 ガス供給システム のオペレーションが効率的に行われていないため、収益に深刻な影響を及ぼしているおそれがあることに気付いていないというケースが少なくありません。

どこをどのように改善すべきなのでしょうか?ガス供給システムにおける一般的な課題、そしてその効率的な解決方法について、ジョンに話を聞きました。

スウェージロックによるガス供給システム・ソリューションの詳細を見る

スウェージロック・リファレンス・センター(以下SRP): 本日はお時間をいただきありがとうございます。ご自身の経験上、ガス供給システムにおける一般的な問題には、どのようなものがありますか?

ジョン・ケストナー(以下JK): ガス供給システムに関する問題で一番よく見られるのは、お客さまのニーズを効率的に満たせていないということです。

大半のアプリケーションでは、一定の高圧下でガスを供給する必要があります。つまり、ガス供給源からユース・ポイントまでの流量と圧力を維持することで、安全かつ一定して適切な圧力でガスを得ることができるのです。しかし、高圧ガスの封止や取り扱いが適切に行われていなかった場合、オペレーターに危害が及ぶおそれがあります。逆に、圧力が低すぎると、効率的にガスを供給することができません。この場合、システムのどこかにパフォーマンス上の問題があり、圧力損失が生じていることが考えられます。残念なことに、こうした問題は見過ごされることが少なくないというのが現状です。

次に多い問題は、漏れです。漏れは供給システムのさまざまなポイントで生じる可能性があります。有害または有毒なガスが漏れた場合、人体や環境を脅かすおそれがあります。ただし、無害なガスであっても、漏れればコストがかさむおそれがあります。大半の施設では、サプライヤーからガスを購入しています。漏れによるガス損失が発生した場合、無駄なコストが生じることになります。例えば、実験室では、窒素を使用してシステムから有毒物質をパージするのが一般的です。効率的にパージしなかった場合、窒素を無駄に消費して損をすることになるのです。

SRP: そうした問題が数多く見られるのはなぜですか?その理由を教えてください。

JK: 非効率的な設計や、部品の不具合など、システム全体のパフォーマンスを阻害する要因はさまざまです。わかりやすい例として、 レギュレーターの選定 を取り上げてみましょう。適切なレギュレーターを選定するには、専門知識が求められますが、これを必ずしもお客さまが持ち合わせているとは限りません。不適切なレギュレーターを使用した場合、システムに非常に大きな影響を及ぼすおそれがあります。

 

ガス供給システムがどれだけ複雑なのかにもよりますが、非効率な個所を特定して
対処するのは容易なことではなく、時間もかかります。
パフォーマンスの最適化を図るには、専門知識が不可欠なのです。

 

システム全体がどれだけ複雑なのかにもよりますが、こうした類いの非効率な個所を特定して対処するのは容易なことではなく、時間もかかります。実際のところ、ガス供給システムが最優先事項になることはまれでしょう。それどころか、ガス供給は、システム全体のオペレーション効率や利益を得るためのさまざまなプロセスのひとつに過ぎません。ガス供給システムのパフォーマンスを最適化するために必要な専門知識は、必ずしも社内のリソースで賄えるとは限りません。コストがかさむ問題が存在していることに気付かないまま、ガス供給システムのオペレーションが非効率な状態で行われているケースも珍しくありません。

SRP: どのような解決策が考えられますか?ガス供給システムのパフォーマンスを効率化する方法を教えてください。

JK: まずは、設計方法、構成部品とその材質、ガスの使用目的など、システムの全体像を把握しましょう。外部業者にガス供給システムの設計や組み立てを依頼したり、ガス・サプライヤーとの契約の一環として部品を納入してもらったりすることは、お客さまにとって珍しいことではありません。手っ取り早いソリューションのように思えるかもしれませんが、こうしたケースでは、オペレーター側はほとんどなすすべがなく、重要なオペレーション・プロセスであるにも関わらず、汎用的なソリューションに頼らざるを得ません。

現行のシステムについて、そしてそのシステムで何をすべきかをしっかりと理解することで、改善方法を見極めることができます。場合によっては、設計の見直しや、システム全体にわたって使用している部品やガス・パネルのアップグレードを行うことも必要になるでしょう。次に重要なのは、一貫してガス供給のベスト・プラクティスを順守し、施設全体でそれに倣うことです。例えば、システムのユース・ポイントで作業を行うスタッフは、正しい手順に従って適切な装置を使用することが重要です。

これが、スウェージロックの ガス供給システムのアドバイス・サービス を活用しているお客さまの施設で行っているプロセスです。お客さまにシステムを十分に理解していただき、適切な部品選定に必要な情報を提供し、設計の改善についてアドバイスを行い、必要な文書を作成し、施設全体にわたってシステムを維持して使用するためのベスト・プラクティスを特定するべく、サポートいたします。

スウェージロックのガス供給システム・アドバイザーが、お客さまのガス供給システムを評価し、改善の機会を提案する様子を動画でご覧ください。

SRP: ガス供給システムに関して、その他に考慮すべき点はありますか?

JK: 結局のところ、オペレーターがシステムについてあれこれ頭を悩ますべきではないということでしょうか。施設のオペレーターは、ガス供給システムよりも優先すべき事項を数多く抱えているでしょう。ガス供給システムは、適切に機能していればいいのです。そうすれば、オペレーターは収益につながる業務に集中できますから。

これが、スウェージロックが目指しているガス供給システムのアドバイス・サービスの価値なのです。知識と経験を提供できるサプライヤーと連携することで、ガス供給システムについて気にかける必要がなくなり、時間の節約、安全性の向上、そして収益の増加を実現することができるのです。

スウェージロックによるガス供給システム・ソリューションの詳細を見る

関連コラム

ガス供給システムの安全性と効率性を向上させるために

研究室や試験設備、工業施設において、最大効率でオペレーションを行うには、ガス供給システムが非常に重要となります。今回は、ガス供給システムの健全性/安全性の最適化、コスト削減、ビジネスの成功に導く装置について紹介します。

都市ガス・システムのコスト削減を実現する

今回は、スウェージロック・テキサス・ミッドコーストが、大手石油化学メーカーの老朽化した都市ガス・システムの現場分析を行い、年間200万ドル以上のコスト削減の可能性を明らかにした事例を紹介します。

バーチャル訪問:新しい形の「現場体験」

今回は、スウェージロックが拡張現実(AR)ヘッドセット・テクノロジーを採用して、リアルタイムのトラブルシューティング、流体システム評価サービスなどを提供している事例を紹介します。