alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

複雑な浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の建造に挑む

複雑な浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の建造に挑む

Tommy Jamail、リージョナル・コンストラクション上級マネジャー、アジア太平洋地域担当

オイル/ガス業界では、革新的なビジネス戦略やコスト削減策を導入し、予測が難しい市場を効率的にナビゲートすることが重要になりつつあります。その中で、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)は、世界各地の油田から効率的かつ低コストで原油を生産する手段として注目されています。

FPSOは、固定式のオイル/ガス・プラットフォームと同等の機能を備えながらも、ビジネスの状況変化に応じて再配置できるという特徴があります。FPSOの導入は今後も進むと予想されており、フォーチュン・ビジネス・インサイツ の調査によれば、FPSO市場では2027年までに14%を超える成長が見込まれています。

FPSOの新規建造を成功に導くには、検討すべきポイントがあります。特に、長期的かつ信頼性の高いオペレーションには、数十もの重要な流体システムのアプリケーションとパッケージが欠かせません。今回は、その複雑な背景の一端を紹介します:

グローバル・コンストラクション・サービスの詳細を見る

特有の課題

オーナー/オペレーターにとって、FPSOの建造には従来型のプラットフォームと同様のデュー・ディリジェンスが必要ですが、海洋上の流体システムには特有の課題があります。例えば:

  • タイトな建造スケジュールをこなしてこそ、FPSOは固定式プラットフォームに比べて経済的なメリットを得ることができます。
  • 海洋上の流体システムは、安全かつ信頼性の高いパフォーマンスを発揮することが必要です。FPSOは20年以上にわたり、操業停止やドライ・ドック に入ることなくオペレーションを維持することが求められます。
  • 業界のコンプライアンス基準を厳格に順守することが重要です。今後、FPSOは環境への影響を実質ゼロにすることを目標に設計/運用されることになると見られています。

グローバルな視点で検討する

FPSOの新規建造や、既存の設備に必要な装置を組み込む際には、数多くの事業体の調整がつきものです。例えば、FPSOは世界各地で稼働していますが、構造体の大半はアジア太平洋地域で建造または供給されているため、FPSOの建造場所または流体システムの組み立てや委託を行う場所に対する調整、出荷、配送が必要となります。また、最近のオイル/ガスのアプリケーションやパッケージは、特殊化が顕著になっています。FPSOのような大規模プロジェクトでは、さまざまな国からEPC(設計/調達/建設)コントラクターが参加し、数十種類もの海洋上アプリケーション用装置の設計やエンジニアリングを行うことも珍しくありません。概念設計からコミッショニングに至るまで、EPCコントラクターとパッケージ・ベンダー間の調整は非常に重要であり、大きな課題になることもあります。

重要なのは、大半のアプリケーションやパッケージに合う画一的なソリューションは存在しないということです。設計する際は、以下のニーズを考慮する必要があります:

  • 貯留層の特性
  • FPSOの動き
  • 貯蔵量と設備のサイズ
  • エクスポート・システムの選択
  • シングルまたはツイン生産トレイン
  • 廃止措置や再配置の可能性

FPSOのアプリケーション設計の経験を有していることに加え、現地に拠点を持ち、現地の文化や言語、規制を理解しているサプライヤーと協力することで、オーナー/オペレーターやEPCコントラクターは上記の複雑な問題をクリアすることができます。

重要なアプリケーション

FPSOが海洋上でオペレーションを行っている間、すべての搭載システムが確実に動作することが重要なのはもちろんですが、その中でもオーナー/オペレーターが特に注意すべき重要なアプリケーションが存在します:


プロセス計装/分析計装:
 システム設計は、プロジェクトの初期段階における大きな課題と言えます。効率的かつ効果的な分析システムを実現するべく製品、材料、設計を選定するための専門知識がすぐに得られるとは限りません。さらに、接続作業や試運転時に標準外の取り付けを行うと、プロジェクトのリード・タイムが長くなるばかりか、漏れや排出といった安全性の問題が発生するおそれがあります。流体システムのプロバイダーによる 現地コンサルティング を活用することによって、このような問題を解決できる可能性があります。

回転装置: ポンプ、コンプレッサー、タービンなどの回転装置は、オペレーション全般の信頼性にとって欠かせません。ダウンタイムが発生すると、生産停止や利益の損失につながることもあります。信頼性の高い メカニカル・シール・サポート・システム を使用することで、回転装置ユニットを適切に稼働させることができます。メカニカル・シールの流体がクリーンでなかったり、パーティクルが含まれていたりすると、シールの寿命が短くなることがあります。同様に、不適切な圧力や温度で流体を供給した場合、早期または深刻なシールの不具合が生じるおそれもあります。

タレット・スイベル・システム: FPSOのタレット・スイベル・システムは、上甲板と海底システムを接続する重要なポイントです。スウィベルの中には、長いホースを使用して接続しているものもありますが、ホースは 定期的な点検 が必要で、数年で交換が必要になる場合もあります。不具合が発生すれば、数百万ドル相当もの生産量が失われることにもなりかねません。 チューブ を恒久的に設置し、柔軟性が必要な個所にのみ短いジャンパー・ホースを使用するなど、適切な設計に基づいた取り付けを行う方が信頼性が高く、メンテナンスも少なくて済むことがわかっています。


サンプリング・システム:
 サンプルの採取は、必ずしも直感的なプロセスではありません。システム設計には広範な技術知識が必要になるため、担当者が一貫してベスト・プラクティスに従うことは容易なことではありません。 サンプリング・システム を適切に設計することで、プロセスの状態を正しく表すサンプルの採取、安全性、標準化を実現できるため、オペレーションの際に一連の管理、コンプライアンス、適切なプロセス・コントロールを維持することができます。


化学薬品注入(CI)ユニット:
 CIユニットは、生産井への化学物質の投与を高い精度で繰り返し行うことで、信頼性の高い生産を維持することが求められます。人や環境を保護するには漏れのないパフォーマンスが不可欠であり、どのような形であれダウンタイムが生じると生産量の大幅な損失につながりかねません。一般的なCIシステムでは、数百か所もの接続部が必要になることもあります。

このようなアプリケーションでは、すべてのチューブ、継手、バルブが同じように作られているわけではないことを念頭に置くことが重要です。単一のサプライヤーから漏れの無い流体システム部品を調達することで、長期にわたるパフォーマンスを実現することができます。場合によっては、FPSOが操業する過酷な海洋環境での耐食性を高めるべく、高品質の合金の使用を検討することも大切です。

適切なサプライヤーから部品を入手する

高品質の流体システム部品を一社から調達してすべてのアプリケーション部品の均質化を図り、漏れのない接続を実現するのはもちろんのこと、サプライヤーが提供しているサポートを検討することも有益です。

例えば、国際的な建造プロジェクトを総合的にサポートするべく、幅広い製品、アセンブリー、プロジェクト管理サポート、グローバルなリソースを提供できるサプライヤーは、タイムリーかつ費用対効果の高いFPSOの建造にとって非常に重要です。流体システム部品のサプライヤーは、特定のアプリケーションやパッケージについて、仕様の検討、効率化の提案、コスト削減につながる構成案をサポートすることができます。また、プロジェクトが進むにつれ、協力的なサプライヤーであれば、スケジュールや複雑な物流管理をサポートし、プロジェクト全体を通じて現場の在庫や製品の供給を維持してスケジュールを調整し、期日通りの竣工への道を切り開くことができるはずです。

これらは、適切な流体システム・サプライヤーがFPSOの建造を成功に導く方法のほんの一部にすぎません。スウェージロックは、 グローバル・コンストラクション・サービス を通じて、上記のサポートを提供しています。次のプロジェクトに着手する際は、事前に計画を立て、必要に応じてサポートを受けることで、効率的かつ費用対効果の高いFPSO建造を実現する方法を検討してみてはいかがでしょうか。

グローバル・コンストラクション・サービスの詳細を見る

関連コラム

Swagelokカスタム・ソリューションズで信頼性の高い深海油田のオペレーションを実現する

ある大規模な深海油田では、受注生産でカスタマイズされた油圧ユニットを採用したところ、流体システムの信頼性向上が実現しました。

Swagelokオフショア石油およびガス評価サービス

オフショアの流体システムを監査する3つの理由

オフショア・プラットフォームの評価/アドバイス・サービスを利用すれば、これまで見過ごされてきた漏れを始め、安全性とパフォーマンスを脅かすさまざまな問題を突き止めることができます。

トレーニングでオイル/ガス・プラットフォームのリスクを排除する

流体システムに関するトレーニングは、オイル/ガス・プラットフォームには欠かせません。 今回は、適切なトレーニングが事故防止にいかに役立つかを紹介します。