alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

圧力レギュレーターの基礎知識

圧力レギュレーターの基礎知識

圧力レギュレーター は、一般産業用流体システムや分析計装システムにおいて、重要な役割を担っています。圧力レギュレーターを使用することで、運用システムに変化が生じても、希望するシステム圧力や流量を維持することができます。流体システム技術者にとって、各種タイプのレギュレーターとそのしくみに関する実務的な知識が欠かせません。

レギュレーターに関する情報をお探しですか?アプリケーションに適したレギュレーターを選定する方法を知りたいですか?レギュレーターの流量曲線を平坦にする必要がありますか?あらゆる質問にスウェージロックがお答えします。今回は、圧力レギュレーターについて、さまざまな角度から取り上げた人気のコラム記事をまとめて紹介します。

スウェージロックのレギュレーター専門スタッフに問い合わせる

圧力レギュレーター:システムのニーズに合った圧力レギュレーターを選定する

適切なレギュレーターを選定するには

このコラム記事では、産業用流体システムや分析システムに使用される一般的な圧力レギュレーターのタイプの違いと、システムのニーズに適したレギュレーターの選定方法を紹介します。

 

 

 

圧力レギュレーターでよくある問題のトラブルシューティング方法

レギュレーターが正常に作動しなかったり、不具合が生じたりすると、施設の生産性や安全性に影響を及ぼしかねません。背圧レギュレーターと減圧レギュレーターでよくある問題のトラブルシューティング方法について紹介します。

背圧レギュレーターのセットアップ:サンプリング・システム担当エンジニア向けのヒント

背圧レギュレーターを正しくセットアップすれば、サンプリング・システムのプロセス・ライン内の一次側圧力を効果的に制御することができます。このコラム記事では、背圧レギュレーターを使用してプロセス・ラインを正確に設計/構築する方法を紹介します。

 

 

アプリケーションに適した圧力レギュレーターを選定するには

アプリケーションに適したレギュレーターを選定し、プロセス条件を最適に維持して安全かつ効率的なオペレーションを実現する方法を紹介します。

 

 

レギュレーターの流量曲線を平坦にしてドループを抑える方法

ドループ(流量増加に伴う二次側圧力の降下)は、あらゆるレギュレーターに共通する問題です。スウェージロックのジョン・ケストナーが、ドループを最小限に抑えてレギュレーターの流量曲線を平坦にする方法を、さまざまなドーム・ロード式レギュレーターの構成と併せて紹介します。

レギュレーターを使用して分析計装システムにおける時間遅れを短縮する方法

分析システムでは、時間遅れが軽視されていたり、誤解されていたりするケースは少なくありません。この時間遅れは、最適なレギュレーターを使用することで軽減できます。このコラム記事では、分析計装システムにおける時間遅れを小さくする方法を紹介します。

レギュレーターの供給圧力影響(SPE)に対処する

レギュレーター内部における一次側圧力の変化と二次側圧力の変化は、供給圧力影響(SPE)または依存性による反比例の関係にあります。このコラム記事では、圧力レギュレーターで発生する供給圧力影響(SPE)による現象への対処方法を紹介します。

 

圧力レギュレーターに厳格な試験が必要な理由とは

圧力レギュレーターの試験を徹底的に行うことで、過酷な実環境の産業用流体システム・アプリケーションにおけるパフォーマンスを実証できる理由を紹介します。

スウェージロックの専門スタッフと圧力レギュレーター

お探しの情報が見つかりませんでしたか?さらに詳しい情報が必要ですか?スウェージロックのレギュレーター専門スタッフまでお問い合わせください。

スウェージロックのレギュレーター専門スタッフに問い合わせる

Swagelokバルブ選択液体サンプリングシステム

産業用流体システムに適したバルブを選定する方法

産業用流体システムやサンプリング・システムの設計アプリケーションに適したバルブを選定するためのSTAMPEDメソッドの適用方法を紹介します。

複数のタイプのチューブフィッティング

小口径チューブ継手の主な相違点

さまざまなアプリケーションで使用されている一般的なチューブ継手のタイプにおける主な相違点を、小口径継手の基礎知識として紹介します。

Swagelok工業用ホース補強

適切なホース補強材の選定方法

産業用ホースの寿命やパフォーマンスは、使用している補強材次第であると言っても過言ではありません。今回は補強材のタイプと、さまざまな流体システムの用途に適した補強材について紹介します。