alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

旧型エンジンから排出される窒素酸化物(NOx)の削減を実現したコラボレーション

SwagelokカスタムソリューションがNOx排出量を削減するケーススタディ

Swagelok®カスタム・ソリューションズによってCOおよびNOxの排出量を80%削減

2019年9月9日 | Chris Ori、スウェージロック・サウスイースト・テキサス社、テクニカル・アドバイザー

ホルビガー・エンジニアリング・サービス(HES)社は、地元の機械工場との協業がうまくいかなかったことから、スウェージロックにサポートを依頼しました。 当初こそ単なるベンダーとサプライヤーにすぎなかった両社の関係は、HES社の旧型エンジンの性能を低コストで改良することを共通の目標に掲げ、各種サービスを軸にしたコラボレーションを生み出すまでに発展しました。

ホルビガー・エンジニアリング・サービス社

ホルビガー・エンジニアリング・サービス(HES)社は、ホルビガー社のグループ企業として、米国テキサス州ヒューストンで2000年に創業しました。 同社の主力事業は、圧縮ガス・ステーション全体を対象とした往復型ガス・エンジン改良プロジェクトの設計および管理です。 対象となるアプリケーションは、冷却システム、ガスの処理およびろ過、燃料ガス・システム、馬力の増強など多岐にわたっています。 同社のエンジニアリング力は、排気ガスの削減で高い評価を得ていますが、中でも窒素酸化物(NOx)と一酸化炭素(CO)の削減に貢献しています。

北米大陸を走る天然ガス・パイプラインの最新化

HES社でプロジェクト・エンジニアを務めるポール・ワッツ氏は、次のように語ります。「私たちは非常に重要な任務を担当しています。主として旧型エンジンからの排気ガスの削減に取り組んでいますが、このエンジンの製造はすでに終了しています。 そのため、エンジンの燃料システムを改造する必要があります。中には1940年代に取り付けられたエンジンもありますが、現在もパイプライン経由で米国全土にガスを送り続けています」

HES社は、燃料インジェクターをエンジンに装着するための特殊部品を製造・供給するにあたって、Swagelok®カスタム・ソリューションズを採用することに決めました。地元の機械工場との協業を試みたものの、思っていたような成果は得られなかったのです。

ワッツ氏は続けます。「取引があった地元の機械工場との協業を目指していたのですが、ほどなく シール部分に問題があることがわかりました。 そこで、コンポーネントはスウェージロック製なのだから、アダプターも製造してもらえないかと考えたのです」

燃料効率はそのままで排気ガスの削減を実現

天然ガス業界には、大きく分けてアップストリーム、ミッドストリーム、ダウンストリームという3つのセグメントがあります。 HES社は、天然ガス液の処理、保管、輸送、市場取引を受け持つミッドストリーム・セグメントにおいて、旧型エンジンを改良して新型エンジンと同等かそれ以上の性能を引き出すことを目標に掲げ、大口径ガス燃焼エンジンからの排気ガス削減とエンジン性能向上に注力しています。 最終目標は性能の向上ですが、同時にコストの削減にもつながっています。

HES社のゼネラル・マネージャー兼上級副社長であるハンス・マシューズ氏の言葉を紹介します。「経済的な理由も大きいですね。装置のアップグレードなら、交換費用の1/3以下で最新の基準を満たすことができます。私たちは窒素酸化物(NOx)の排出量を95~97%、一酸化炭素(CO)の排出量を80~90%削減することに成功していますが、燃料効率はほぼ変わりません」

HES社とのコラボレーションにおけるスウェージロックの役割も時間と共に変化しています。 当初スウェージロックは、HES社がエンジン改造工程で使用するコンポーネントのサプライヤーにすぎませんでしたが、現在ではプレアセンブリーやサブアセンブリー、制御パネル、窒素パージ・パネルなどを供給するまでになりました。 さらに ホース・アドバイス・サービス を通じて、HES社のホース選定と予防保全計画の策定をサポートしています。 そして、スウェージロック製コンポーネントおよびアセンブリーを使用することでトラブルが大幅に減少した結果、労働コストの削減や信頼性の向上にもつながりました。

マシューズ氏は語ります。「コンポーネントが10個必要な時に、5個が壊れることを見越して15個買わなくても済むようになった。 これは私たちにとっては非常に画期的なことなのです。 10個のコンポーネントが1つ残らず正しく動作してくれるのですから。 パイプラインが止まったら、現場に駆けつけてコンプレッサー・エンジンに部品を取り付け、コンプレッサー・メーカーがOKを出せばパイプラインを再開します。 スケジュールが遅れることは許されません。 間に合わなければ莫大なコストが発生してしまうことになります」

クリーンな大気と健康増進を実現

オイル/ガス業界 、特に今回のようなパイプラインの場合、コンポーネントの不具合は環境破壊と人々の健康被害に直結します。 米国環境保護庁は、人々の健康と公共の福祉を守ることを目的として、国家環境大気質基準 を制定しました。 その結果、人口集中地域やパイプラインの周辺地域におけるオゾン濃度の減少につながったのです。

マシューズ氏は次のように述べています。「空気が1カ所にとどまることはありません。 ジョージア州の空気はテキサス州で生まれたものかもしれませんし、オハイオ州の空気はカリフォルニア州やメキシコ州から流れて来たのかもしれません。 その過程で、空気はあちこちに汚染物質をまき散らします。 空気がきれいであればあるほど人間にとっては良いわけです。 環境保全と地球に住む人々の健康維持に貢献できることが私自身嬉しく、また誇りに感じています」

スウェージロックは、流体システムのグローバル・リーダーとして、オイル/ガス業界をサポートいたします。 高品質なコンポーネント、トレーニング、経験豊かな専門スタッフのネットワークで、アップストリーム、ミッドストリーム、ダウンストリームを問わず、困難な課題の解決を実現します。

Swagelokカスタム・ソリューションズの詳細を見る

顧客について

スイスのツークに本社を置くホルビガー社は、コンプレッション技術、駆動技術、油圧システムの分野で世界をリードしています。 同社は、コンプレッサー、産業用エンジン/タービン、自動車トランスミッション、その他さまざまな機械工学アプリケーション向けに高性能部品を提供しています。 同社は、ニッチ市場を対象にした持続的なイノベーションとスタンダードの確立をミッションに掲げ、1895年に創業しました。 現在は全世界50カ国140か所に拠点を構え、7,300人以上の従業員を擁するまでに拡大しています。

関連コラム

導入事例:イネオス石油化学工場の安全性を支えるスウェージロック

ドイツ・ケルンにあるイネオスの石油化学工場。同施設での安全なオペレーションは、スウェージロックが支えていると言っても過言ではありませんが、その背景には二社の密接な協力関係があります。 今回は、スウェージロックの流体システム・コンポーネントと専門知識がサポートする、イネオス石油化学工場の安全性を紹介します

流体システムの漏れの一般的な原因とコスト

プラントのメンテナンス担当者として安全性と収益性を考えるなら、ごくわずかな漏れであっても問題視すべきです。 だからこそ、漏れが発生する原因とメカニズム、漏れの発生場所を特定して検査する方法、さらに最終的にはプラント全体で漏れを削減する方法を策定することが有益といえます。

一般産業用ホースのメンテナンス計画を策定してプラントのコストを大幅に削減する

一般産業用ホースの適切な交換時期を見極めることができれば、プラントのメンテナンス費用を大幅に削減することができます。 今回は、システムの評価とメンテナンス計画の策定を通じて、ホースの交換時期を管理する方法を紹介します。