alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

バルブの基礎知識:流体システムの担当者が知っておくべきこと

Swagelokバルブの選択

バルブの基礎知識:一般産業用バルブの基本的な機能とタイプ

Ziad Bedran、製品マネジャー、トレーニング担当

産業用流体システムを意図した通り確実に機能させるには、適切な部品を用いて設計/構築する必要があります。ここで重要な役割を担っているのがバルブです。バルブを使用すると、アプリケーションのニーズに適したシステム流体の流れを効率的に制御することができます。

流体システムの設計は複雑で、さまざまなことを検討する必要があります。アプリケーションに適したバルブを選定するのは、必ずしも容易とは限りません。開閉のみが必要ですか?流れの方向を制御する必要がありますか?流量調節は必要ですか?過剰圧からシステムを保護する目的はありますか?

こういった点をクリアにすることで、流体システムに合ったバルブを選定することができます。今回のコラム記事では、さまざまなタイプの一般産業用バルブを取り上げるとともに、アプリケーションに適したバルブを選定するためのヒントを紹介します。

 

バルブのタイプ、選定方法、トラブルシューティングについて学びたいとお考えですか?
スウェージロックのバルブ基本コース
の受講をご検討ください。

トレーニングの詳細を見る

 

安全第一

safe valve selection流体システムは、取り付けやオペレーションのベスト・プラクティスに従わなかった場合、危険な状況を招く可能性があります。大半の流体プロセスのオペレーションは、高い圧力と温度下で行われています。また、流体の中には有害なものもあり、万が一漏れが生じた場合、オペレーターが危険にさらされるおそれがあります。

バルブは、流体システムを安全に機能させる上で、重要な役割を担っています。例えば、安全締め切り用バルブや圧力逃がし弁を使用することで、システムが過剰圧に達してブローアウトにつながりかねない危険な状況を回避することができます。

流れを理解する

understanding flow controlバルブの最大の役割とは、流れの制御です。流れとは、流体がシステムの中を安定的かつ連続的に移動することを意味します。液体や気体は、圧力が高い方から低い方へと流れます。通常、流量は流量計で測定し、単位時間当たりの距離または体積の比率で表します(例:1秒当たりのメートル数、1分当たりのリットル数など)。

バルブは、エンド・コネクションのサイズやバルブの流路といった要因に基づいて流れを制御します。流れを制御するバルブの性能を調べるには、メーカーが提供している流量係数(Cv値)を参照してください。Cv値が大きいほど流量が多いことを意味しますが、タイプや用途によっては、Cv値がゼロに近いバルブも存在します。

 

Cv値計算ツールで、システム内の圧力、流量、温度、流体に基づいて
Cv値または流量を調べることができます。

Cv値計算ツールを使用する

 

バルブの機能とタイプ

バルブには、大きく分けて5つの機能があります。以下をご覧ください。記号は、配管図や計装図(P&D)などでよく使用されている業界標準の記号です:

on-off valve開閉: 基本ともいうべきバルブの機能です。開閉用バルブは流体の流れを開始または停止させるもので、以下のタイプがあります:

flow control valve流れの制御: システムの流量を調節します。単純な調節のほか、微量流量調節に使用することも可能です。 ニードル・バルブ は、流量を制御する際に最も一般的に使用されており、必要に応じて開閉することも可能です。流量は、オリフィスのサイズ、ステムのタイプ、ステムの位置によって決まり、バルブのハンドルを回して制御します。

directional flow valve流れ方向に対応: 流体を希望する方向に流すことができ、システム内の流れの方向を変えることもできます。方向を制御するには、 逆止弁 やマルチポート・ボール・バルブがよく使用されています。なお、方向制御用のバルブは、流れを変える際に開閉することは可能ですが、流量を絞ることはできない点に留意してください。

overpressure protection valve過剰圧の保護: システムの圧力が規定値を超えて上昇するのを防止します。圧力逃がし弁やラプチャー・ディスクがよく使用されています。 圧力逃がし装置 は、圧力下で動作するあらゆるシステムにおいて非常に重要な役割を担っており、いわば過剰圧に対する最後の砦ともいうべき存在です。圧力逃がし弁は、あらかじめ設定した圧力レベルで自動的に開状態になるように調整することが可能です。圧力逃がし弁を使用することで、過剰圧が発生してもシステムの圧力が安定し、オペレーションを継続することができます。

excess flow control valve過剰流出の制御: エクセス・フロー・バルブ(過流防止弁) は、システム流体の過剰流出を防止するべく、バルブを通過する流量が所定の値に達すると作動し、流体の急激な放出を阻止します。下流で流量が過剰になると、バルブのポペットが瞬時にトリップ位置または前方位置に移動し、システム流体の過剰流出を防止します。

適切な選定を行うために

流れと、それを制御するためのさまざまなタイプのバルブについて十分に理解することで、流体システムの設計において適切な選定を行うことができます。しかしながら、今回のコラム記事はあくまでも入門編にすぎません。次のステップとして、STAMPEDメソッドを用いて産業用流体システムに適したバルブを選定する方法について紹介している コラム記事 も併せてご一読ください。

valve cutaways showing flow

Swagelok ball valves in fluid systemまた、バルブの選定や識別、トラブルシューティングについて詳しく知りたい方は、 バルブ基本コース のトレーニングの受講をご検討ください。この他にも、スウェージロックの認定トレーナーが講師を務めるさまざまなコースがあり、高性能な流体システムを構築/運用するのに必要な知識や技術を学ぶことができます。コースや内容の詳細につきましては、下のボタンをクリックしてください。

トレーニングの詳細を見る

関連コラム

Swagelokバルブ選択液体サンプリングシステム

産業用流体システムに適したバルブを選定する方法

産業用流体システムやサンプリング・システムの設計アプリケーションに適したバルブを選定するためのSTAMPEDメソッドの適用方法を紹介します。

Swagelokバルブとホースタグは、メンテナンスを簡素化し、ダウンタイムを最小限に抑えます。

バルブやホースのタグを用いたメンテナンス・プログラム改善策

今回は、一般産業用流体システム全体でホースとバルブを対象とするタグ・システムを導入することで、メンテナンスの簡素化とシステム停止時間の最短化を実現する方法について、スウェージロックの専門スタッフ2人が紹介します。

低排出認証付きバルブを使用して、フュージティブ・エミッション(排出物の漏れ)に伴うコストを最小限に抑える

化学/石油精製業界では、フュージティブ・エミッションに関する懸念が高まっています。低排出認証付きバルブを使用することで、施設と収益を保護することができます。今回は、低排出認証付きバルブとは何か、どのように試験を行っているか、そして低排出認証付きバルブを使用するとどのようなメリットが得られるかを紹介します。