alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

カーボン・キャプチャー(二酸化炭素回収)企業における在庫と革新

カーボン・キャプチャー(二酸化炭素回収)・テクノロジー企業、預託在庫の導入によって年間数万ドルのコスト削減を実現

カーボン・キャプチャー(二酸化炭素回収)・テクノロジーを追求するランザテック社がジョージア州に構える施設フリーダム・パインズでは、失敗という選択肢はありません。排出した二酸化炭素から使用可能燃料や化学品を生み出している顧客を支援するという重要な業務を遂行するとなれば、なおさらです。

ランザテック社の施設でエンジニアとして働くクルト・スチュードベーカー氏は、次のように述べています。「当社は、廃ガスや汚染ガスから市場性のある製品を生み出すことで、温室効果ガスの排出量削減に努める顧客のサポートを行っています。当社の工場で処理される原料は、さもなければ燃やしたり、別のガスで使用したりすることになります。ガスは最終的に焼却されて二酸化炭素になります」ランザテック社のサポートを受けて、同社の顧客は、排出ガスから有益で価値ある製品を生み出すことができます。


革新を続けるランザテック社の取り組み

ランザテック社は、スウェージロックの協力を得て、効率的かつコスト・パフォーマンスの高い方法で各種高品質の製品を調達し、顧客により良いサービスをお届けしています。その取り組みを動画でご覧ください。



ランザテック社のテクノロジーは、高品質の流体システム部品に支えられていると言っても過言ではありません。その部品とは、例えば、ボール・ バルブ、 チューブ および  チューブ継手、 ホース、 レギュレーター、各種 カスタム・アセンブリー などです。こうした部品を効率的に調達し、急速な革新を引き続きサポートしていくべく、ランザテック社はスウェージロック・サウス・ジョージア | ジャクソンビル | サウス・カロライナの協力を得ています。

ランザテック社が、自社のみならず顧客も大きな恩恵を得ている取り組みを紹介します。

適切な部品を常に入手可能

スチュードベーカー氏は、次のように述べています。「当社の施設フリーダム・パインズでは、研究所で行ったさまざまな実験をスケールアップして行っています。有望なデータが見つかったら、フリーダム・パインズに持ち込み、大きなユニットでテクノロジーを実証するのです」


「預託在庫を始めた年に、配送費用だけで15,000ドル以上も節約できたことが分かりました」


迅速にスケーリングを行うには、適切な部品がすぐに入手できる状態でなくてはなりません。必要な部品とあらば、ランザテック社は割増料金を払って手配することも珍しくありませんでした。速達や翌日配送にかかった追加費用は、膨らんでいく一方でした。

そこでランザテック社が採用したソリューションが、 預託在庫プログラム でした。このプログラムを取り入れたことで、ランザテック社は、あらゆる重要部品を現場に在庫しておくことが可能になりました。必要な時はいつでも使用することができます。さらに、変化する顧客ニーズに素早く対応することも可能になります。

「ランザテック社の預託在庫を始めた年に、配送費用だけで15,000ドル以上も節約できたことが分かりました。もちろんこの金額には、工場のシステム停止や計画外の供給停止などに伴う費用は含まれていません」と述べるのは、スウェージロック・ジョージア | ジャクソンビル | サウス・カロライナのサウスイースト・ジョージアでアカウント・マネジャーを務めるダイテン・マックグロー氏です。

配送費用のカットという直接的なコスト削減に加えて、預託在庫を取り入れたことで、従来の在庫管理に要していた事務作業の削減にもつながっています。ランザテック社の在庫材料アナリスト、ジェレミー・ランフォード氏は、次のように述べています。「預託注文書を発行するのは月1回のみです。これまで週に4~5回発生していた注文書の作成業務が不要になりました。何枚もの注文書を管理するには人件費がかかります。配送にも在庫を待っている間にもコストがかかるのは言うまでもありません。預託在庫プログラムを導入したことで、そうしたコストを一切カットすることができたのです」

緊密な協力関係が信頼性の高い結果を生む

研究開発と新製品開発を重視するランザテック社のニーズは、日々変化しています。地元のアカウント・マネジャーと協力することで、同社はその革新性を失うことなく、刻々と変化する顧客のニーズに応え続けています。

スチュードベーカー氏は次のように述べています。「ダイテン氏が当社の施設に毎週来てくれることが功を奏しているのだとわかりました。ダイテン氏は、当社に来て在庫をチェックするほか、エンジニアやメンテナンス・スタッフと情報を共有しています。私たちは、うまくいっていること、うまくいっていないこと、今後のニーズなどについて話し合い、業務に必要なツールや計器が手元に揃っているかを確認しています」


「うまくいっていること、うまくいっていないことについて話し合い、
業務に必要なツールや計器が手元に揃っているかを確認しています」


「研究所なのでニーズは変化します」と同氏は続けます。「ある週に話し合っていたことが、翌週には変わっているということもありますが、スウェージロックはいつも柔軟に当社のニーズに対応してくれています」

先見の明のある企業が重視しているのは、顧客のニーズに素早く、積極的かつ率先して応えていくこと。預託在庫をはじめとするスウェージロックによる各種サービスに興味がございますか?今すぐ下のボタンからお問い合わせください。

スウェージロックのサービスについて問い合わせる

関連コラム

科学フロンティアを支える流体システム

フィンランドの希釈冷凍機メーカーであるブルーフォース社が、量子コンピューターや実験物理学などに欠かせない流体システム部品やソリューションに関して、スウェージロックに信頼を寄せている理由を紹介します。

SPAヴィンペル社、スウェージロックとのパートナーシップを通じて品質と信頼性を確かなものに

SPAヴィンペル社は、世界でも有数のオイル/ガス分析機器メーカーです。今回は、スウェージロックのサポートによって信頼性と成功を獲得してきた同社の話を紹介します。

導入事例: Lightfoot Defence社

軍事用冷却技術の大手企業Lightfoot Defence社は、現代の主力戦闘機のひとつ「ユーロファイター」向けの画期的なソリューションをスウェージロックと共同開発しました。 先端技術を駆使したLightfoot Defence社の冷却装置の裏には、スウェージロックの流体システム・コンポーネントがありました。