alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

水素用途に適した継手の構造

水素用途に適した継手の構造

Charles Hayes、新製品開発主任エンジニア/Charles Erml、製品マネジャー、スウェージロック

安全で信頼性が高く、漏れのない燃料電池自動車やインフラを開発するにあたって、非常に手ごわい課題となるのは、水素そのものの性質であると言っても過言ではありません。

水素は低分子ガスです。わずかなすき間からでも容易に漏れ出し、材料内に拡散することがあります。また、自動車産業をはじめとする輸送市場では、70.0 MPaを超える圧力で水素を貯蔵し、車両に必要なエネルギー密度を実現することが必要です。給油所では、熱や圧力の急激な変化によってシステムが悪影響を受ける可能性があります。貯蔵タンクから水素が出る際に、圧力が下がるためです。

こういったことからも、高圧水素燃料システムの重要な部分をつなぐ継手のパフォーマンスに妥協が許されないのは明らかです。燃料電池技術用の継手には、長期的な信頼性の維持に欠かせない、重要な特性が求められます。水素用途では、専ら従来型のコーン&スレッド継手が使用されてきましたが、今日ではさらに高性能なオプションが存在します。今回は、水素技術において理想的なパフォーマンスを発揮するのに必要な継手の設計特性を紹介します:

優れたシール性

水素はわずかなすき間からでも漏れ出ることがあるため、ガス・シール性と耐リーク性は、継手の最も重要なパフォーマンス基準と言えるでしょう。

従来のチューブの接続方法は、ライン状の狭い面でシールする線シールが大半です。線シールでも、大半の液体や一部のガスの場合は問題ありませんが、水素のようにわずかな欠陥も許されないような流体の場合は、一旦オペレーションを開始すると問題につながるおそれがあります。また、振動が存在する場合も、線でシールするのは容易なことではありません。

水素を封じ込めるには、広いシール面を形成する面シールを設計しましょう。コンタクト面にはわずかに角度をつけて最適な応力レベルを生み出すことで、妥協のないシール性を維持する必要があります。2個のフェルールを使用した特定のチューブ継手であれば、このようなシール性を発揮することが可能です。

グリップの強度

継手がチューブをグリップする強度も、水素補給に必要な高圧や、走行中の車内で発生する大きな振動にも耐える上で重要なパフォーマンス特性です。

燃料電池自動車などの高圧充填や振動を伴うアプリケーションにおいて、2個のフェルールを使用したメカニカル・グリップ構造は、強力にチューブをグリップすることが求められる継手にとって理想的な設計と言えます。硬化処理を施したフロント・フェルールが物理的にチューブを絞り込むことで、非常に高い圧力に対応することが可能になります。一方、独自設計のバック・フェルールは、グリップ力を維持しながらも、継手がわずかに動く(「スプリング・バック」)ことができます。このような設計によって優れた耐振性が実現するため、コンプレッサーや動的条件によって大きな振動が発生する車載オペレーションと給油インフラの両方にとって理想的なのです。

2個のフェルールを使用したメカニカル・グリップ構造によってスプリング・バックが可能になることで、継手は材料の膨張や収縮につながりかねない急激な熱変化にも耐えることができます。燃料補給中には、水素ガスの温度が-40°Cから周囲温度まで変化することもあり、従来のコーン&スレッド継手ではパフォーマンスに問題が生じることも少なくありません。

容易な取り付け

適切な継手設計は、信頼性の高いパフォーマンスの実現には欠かせません。また、燃料電池自動車のOEMや水素インフラの開発者にとっては、取り付けや組み立ての効率化にもつながります。

一部のメカニカル・グリップ構造の継手は、組み立て済みのカートリッジが付いています。これで一般的なツールを使用して、最低限のトレーニングを受けるだけで迅速かつミスのない取り付けを行うことができます。水素補給システムで昔から使用されてきた従来のコーン&スレッド継手と比較すると、 Swagelok® FKシリーズ継手 に採用されているような革新的な設計であれば、取り付けや組み立ての際に大きなメリットが得られます。コーン&スレッド継手で信頼性の高い接続を実現するには、特殊な装置と高レベルの取り付けスキルが必要になる上、Swagelok FKシリーズに比べて組み立てとテストに5倍もの時間を要することも珍しくありません。自動車の製造にはスピードが求められており、水素インフラの規模が拡大するにつれ、取り付けの容易さが重要になってきます。適切な継手テクノロジーであれば、その両方を実現することが可能です。

水素システムのニーズに応える

水素燃料システムに使用可能な圧縮チューブ継手やその他のタイプの継手は各種存在するものの、水素アプリケーションに求められているユニークなパフォーマンス要求を満たしている継手はごく一部であると言わざるを得ません。

Swagelok FKシリーズ継手 は違います。特許取得済みの設計を採用したFKシリーズ継手(最高使用圧力:137.8 MPa)は、水素アプリケーションでの使用を想定した製品です。発売以来、さまざまな産業やアプリケーションで使用されてきましたが、今日はもちろん未来の自動車やインフラにとっても最適な選択肢であることに変わりありません。

Swagelok FK series medium-pressure fitting features

長期にわたって水素輸送を実現できるかは、安全性、信頼性、耐久性に優れた燃料電池自動車とインフラにかかっています。重要なシステムに適切な部品を選択し、指定することで、これらの目標を達成することができるのです。

詳細につきましては、スウェージロック指定販売会社までお問い合わせください。お客さまの輸送ニーズにどのようにお応えできるかを説明いたします。

最寄りのスウェージロック指定販売会社を検索する

関連コラム

水素燃料ステーション

水素燃料電池自動車向けに最適なコンポーネントを選定するには

水素輸送は、信頼性の高いコンポーネントの選定が鍵を握っているといっても過言ではありません。

 ガスボンベ

導入事例:燃料電池ソリューション

燃料電池バス144台を動かす燃料供給システムをLuxfer社が生み出した背景には、協業に対するスウェージロックの真摯な姿勢と、EC-79認定取得に向けた献身がありました。 今回は、スウェージロック・マンチェスターの質の高いサポートによってイノベーションを加速させた、Luxfer社の事例を紹介します。

ACT Expoレポート:水素自動車とゼロエミッション技術のニーズに応えるには

今後ますます重要になるクリーン輸送。その鍵を握る水素自動車の実用化と普及のためには、信頼性に優れたインフラを整備することが急務となっています。