alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

ジェームズ・カヴォリを社長兼最高執行責任者に任命

ジェームズ・カヴォリ、スウェージロック社取締役会の承認を受け、社長兼最高執行責任者に任命


本文は、米国スウェージロック社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。原文との間に内容的な齟齬がある場合には、英文が優先されます。原文については 英語版 をご覧ください。

2021年6月17日 - 流体システム・コンポーネントの製造およびソリューションを提供するスウェージロック社(本社:米国オハイオ州ソロン、会長、社長兼最高経営責任者:トーマス・F・ロジック)は、同社の最高執行責任者を務めるジェームズ(ジム)・カヴォリが第7代社長に就任することを発表しました。この人事は、会長兼最高経営責任者のトーマス・ロジックが決定し、5月に開催された取締役会で承認されました。

カヴォリは、2020年5月に就任したスウェージロック社の最高執行責任者(COO)を兼務することになります。社長兼COOとして、製造、継続的改善と品質、カスタマー・サービス、エンジニアリング、サプライ・チェーン、マーケティング、セールス・サポートなど、グローバルな事業運営をリードする責務を担います。また、企業戦略計画プロセスの実行も指揮します。

「この1年半、世界的なパンデミックという難題に立ち向かう社員の姿を目にしてきました。社員はお互いの安全と健康を維持しつつ、お客さまに製品やサービスをお届けするべく、たゆまぬ努力を続けています」とロジックは語っています。

「このような努力の陰には、ジムのリーダーシップ、そして経営陣の支援と手腕があったことも付け加えておきたいと思います」

カヴォリは2010年に戦略的提携担当ディレクターとしてスウェージロック社に入社しました。COO就任以前は、最高財務責任者やディストリビューター・サポート・サービス担当副社長など、さまざまな役職においてリーダーシップを発揮してきました。カヴォリはアメリカ陸軍退役軍人であり、オハイオ州北東部におけるさまざまな団体の理事を務めています。

スウェージロック社について

年間売上高約20億米ドルのプライベート・カンパニーであるスウェージロック社は、オイル/ガス、化学/石油化学、半導体、輸送などの業界に向けて流体システム製品、アセンブリー、サービスの開発を行っています。米国オハイオ州に本社を置くスウェージロック社は、70カ国で200カ所以上の指定販売会社を展開し、また20カ所の製造施設、5カ所のグローバル・テクノロジー・センターでは5,500人を超える従業員が勤務しています。