alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

NuSource社、原子力業界にスウェージロック製バルブを提供

NuSource社は、Swagelok Nシリーズをはじめとする認定バルブを原子力業界のお客さまに提供します

NuSource®社、コード準拠/安全関連のスウェージロック製バルブを原子力業界に独占販売

スウェージロックが製造・保証したバルブを、NuSource社(ASME N認証取得企業)が販売することになりました。

本文は、2020年2月27日に米国スウェージロック社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。原文との間に内容的な齟齬がある場合には、英文が優先されます。原文については 英語版 をご覧ください。

2020年2月27日 - 流体システム・コンポーネントの製造およびソリューションを提供するスウェージロック社(本社:米国オハイオ州ソロン、会長、社長兼最高経営責任者:トーマス・F・ロジック)は、このたび、ASME N認証取得企業である NuSource社 が、コード準拠/安全関連のスウェージロック製バルブを原子力発電業界のお客さまへ提供することに合意したと発表しました。この合意に基づき、原子力業界向けのバルブは引き続きスウェージロックが製造し、Swagelokリミティッド・ライフタイム保証が付帯されます。NuSource社は、当該バルブの設計、コード、規制上の要件[原子力公認検査官(ANI)による検査]に関する責任を負います。当該バルブは、スウェージロックの名前を冠しています。ASME準拠バルブには「NuSource N」と刻印されたタグが付いています。

将来的にNuSource社は、原子力業界におけるスウェージロックのお客さまに対して、コード準拠/安全関連のスウェージロック製バルブの見積/受注、設計調整、納品をすべて担うことになります。コード準拠/安全関連の316ステンレス鋼製のチューブ、パイプ、溶接、VCO®継手、VCR®継手に関しては、これまで通り原子力関連の認証に準拠するものとし、スウェージロック指定販売会社が販売します。

スウェージロック社とNuSource社との合意に基づき、原子力発電業界のお客さまは引き続きスウェージロック製バルブを使用すると共に、スウェージロック指定販売会社による現地サポートを受けることができます。スウェージロック指定販売会社はその他の商品やトレーニング、サービスも提供しています。また、NuSource社の原子力専門スタッフによる技術サポートも受けることが可能です。結果として電力会社は、これまで多くのサプライヤーが原子力業界から撤退してきた原因にもなっていた老朽化対策のコストおよび不透明な要素を回避することにもつながります。

スウェージロック社のエンジニアリング担当副社長のJoel Feldmanは以下のように述べています。「原子力ビジネスの再編を行った際に重視したのは、これまでご使用いただいてきたスウェージロック製バルブを今後もお届けできること、そして業界の専門知識が提供されることでした。そしてその後間もなくNuSource社との提携を一部で開始しました。その際、長期的にスウェージロック製バルブを利用できること、そして多くのお客さまが信頼を寄せているNuSource社による技術サポートを受けられることを知ってお客さまが安堵したという話をよく耳にしました。このたびNuSourec社と正式合意に達したことで、これからも原子力業界に携わるお客さまをサポートできることを非常に喜ばしく思っています」

スウェージロックの製品およびサービス、そしてお客さまへの価値をさらに高めるビジネス手法などの詳細につきましては、スウェージロック指定販売会社までお問い合わせください。

スウェージロック社について

年間売上高約20億米ドルのプライベート・カンパニーであるスウェージロック社は、オイル/ガス、化学/石油化学、半導体、輸送、発電などの業界に向けて流体システム製品、アセンブリー、サービスの開発を行っています。米国オハイオ州に本社を置くスウェージロック社は、70カ国で200カ所以上の指定販売会社を展開し、また20カ所の製造施設、5カ所のグローバル・テクノロジー・センターでは5,500人を超える社員が勤務しています。

NuSource社について

NuSource 社は、原子力業界に対してハードウェア・ソリューションを提供しているASME N認定取得企業です。原子力施設の設計やライセンスに関する専門知識を基に、導入、文書化、運用、規制順守などのサポートを行っています。同社の品質保証プログラムは原子力調達問題委員会(NUPIC)による監査が行われており、10 CFR 50 Appendix B, and ASME Section IIIなどの原子力業界の厳格な基準に適合しています。詳細につきましては、同社の ウェブサイト をご参照ください。