alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

スウェージロック社、RHPSシリーズ・レギュレーター向けの低温用シール・オプションを発売

スウェージロック社、RHPSシリーズ・レギュレーター向けの低温用シール・オプションを発売

新しいシールおよびダイヤフラムのオプションが追加され、–45°Cまで対応可能になりました。

本文は、2019年4月2日に米国スウェージロック社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。原文との間に内容的な齟齬がある場合には、英文が優先されます。原文については英語版をご覧ください。

2019年4月2日 – 流体システム・コンポーネントの製造およびソリューションを提供するスウェージロック社(本社:米国オハイオ州ソロン、会長兼最高経営責任者:アーサー・F・アントン)は、低温用シール・オプションを発売したことを発表しました。 新しい低温用シールは、RHPSシリーズ圧力レギュレーター向けに開発されたもので、寒冷な気候や低温のアプリケーションにおいて、圧力損失による大幅な温度の低下が生じても、強力なシール性能を維持します。 低温用シールは、材質に低温用ニトリルを使用しています。大量のハイドロカーボンが存在する環境(巨大な一般産業用ガス・サプライヤーで、気候がコントロールできない場合など)に適しています。

低温用ニトリル製の新しいシール、ダイヤフラム/ピストンOリング、シート・シールのオプションは、すべてのRHPSシリーズ圧力レギュレーターに使用することができます。 新しいシール・オプションの最低使用温度は以下の通りです:

  • –45°C(最高使用圧力7.00 MPaまで)
  • –40°C(最高使用圧力40.0 MPaまで)
  • –20°C(最高使用圧力40.0 MPa超)

「従来よりも低い温度に対応することが可能となり、厳しい環境条件下でも安心してお使いいただけます。」と一般産業用レギュレーター製品マネージャーのジョン・ケスナーは述べています。 「非常に過酷な環境であっても、正確な圧力コントロール性能を維持しつつ、クリープ(流れ停止時の二次側圧力の上昇)が生じないレギュレーターを提供したいという思いから、低温用のシールおよびダイヤフラムを新たに開発しました。現場で極端な温度に曝されてもレギュレーターは正しく機能し、優れた安全性と精度を維持します。」

新しい低温用シールに関する詳細につきましては、スウェージロック指定販売会社までお問い合わせください。

スウェージロックについて

米国オハイオ州ソロンに本社を置くスウェージロック社は、オイル/ガス、化学/石油化学、半導体、自動車/自動車部品、電力などの業界に向けて流体システム製品、アセンブリー、サービスの開発を行っている、年商約20億ドルのプライベート・カンパニーです。 スウェージロックの製品やサービスは、スウェージロック指定販売会社を通じてお届けします。70カ国で200カ所を超える指定販売会社を、20カ所の製造施設と5カ所のテクノロジー・センターで勤務する5,500人のスウェージロック社員がサポートしています。