alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する今後の対応について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する今後の対応について

「顧客第一」と「相互尊重」が意味すること

スウェージロックは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが続く中、「必須ビジネス」の認定の下にオペレーションを継続してまいりました。中でも世界各地の基幹産業や重要なアプリケーションに携わるお客さまを中心に、効率的なオペレーションに欠かせない製品やサポートをお届けすることに留意しています。これまで休業を余儀なくされていた製造会社をはじめとする企業が世界各地で徐々に事業を再開している昨今、スウェージロックはこれからもお客さまにサービスを効率的に提供し続けるためのアプローチを検討しつつ、従業員の健康と安全の確保に努めてまいります。

当社のコア・バリューのひとつである「顧客第一」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックという難題に取り組む上で、当社が意思決定を下すための指針となっています。ここ数か月にわたって、リソース配分の見直し、プロセスのシフト、従業員の再配置などの措置を講じることで、オペレーションの安定維持に努めてまいりました。 このような取り組みによって、生産や出荷に関する大きな影響を回避することができました。多様かつグローバルな顧客基盤のニーズに応えるべく、真摯に取り組むという当社の姿勢は、今も昔も変わりませんし、これからも変わることはありません。

非常に厳しい状況が続く中、当社は従業員の安全を確保するため、さまざまな措置を講じてきました:

  • 工場勤務の従業員に対し、作業を効率的に行うために必要なスペース、クリーンな設備、保護具、トレーニングといったサポートを提供してきました。米国、マン島、中国の常熟にある製造施設全体で、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保、体温チェック、マスクの供給といった取り組みを実施しています。
  • 米国本社オフィスに勤務する従業員については、2020年3月からテレワーク(在宅勤務)を導入しており、少なくとも2021年3月まではテレワークを継続する予定です。従業員の生産性については、テレワークによる影響は無く、テレワークを延長することで、感染リスクを最小限に抑えつつ、生産性を維持することに努めます。

お客さまのニーズに応えつつ、世界各地の従業員を守り続けるべく、このたび第2フェーズを評価するためのタスクフォースを立ち上げました。基幹ビジネスやお客さまのニーズに基づき、オフィスへの復帰に最優先で取り組みます。当然ながら、それまでの間は、適用されるすべての規制要件を順守し、全従業員の安全確保に最大限努めます。

当社は、世界各地のお客さま、従業員、サプライ・チェーンのニーズに対応するための体制を整えています。これは今後も変わりません。皆さまのサポートに感謝しつつ、この困難な時期を乗り越えていく所存です。今後とも皆さまのお役に立てるよう、全力を注いでまいります。