alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

お客さまの声:AGIインダストリーズ社

Swagelok® FKシリーズ継手を使用することで、13,500か所もの接続部がありながら漏れゼロを実現

>この記事(英語版)のPDFをダウンロードする

calendar icon

課題

AGIインダストリーズ社の化学薬品注入スキッド・システムに必要なのは、75.7 MPaという高圧下でも絶対に漏れが生じない性能でした。バルブや継手に問題が生じた場合、その是正に数十時間の作業数週間のダウンタイムを要するおそれがありました。

FK medium pressure tube fittings

ソリューション

FKシリーズ・バルブおよび継手のテクノロジー(特許取得済み)の特徴:

  • 容易な取り付け
  • 優れたシール性
  • チューブとの高い適合性
  • 漏れの無い性能

結果

9つの化学薬品注入スキッドには、13,500か所もの潜在的なリーク・ポイントがありましたが、FKシリーズのバルブと継手を取り付けた結果、AGIインダストリーズ社は以下を達成することができました:

  1. 6,000回を超えるサイクルでも漏れはゼロ
  2. 160人時(マン・アワー)を削減
  3. 以前の100倍を超えるバルブ・サイクルを実現
AGI industries

AGIインダストリーズ社

AGIインダストリーズ社は、オイル/ガス業界向けポンプ・システムの主要プロバイダーであり、部品の漏れや故障といった不具合は絶対に許されません。そのため同社は、化学薬品注入スキッドの厳しいニーズに対応し、75.7 MPaという高い圧力でも使用可能な継手とバルブを探していて、スウェージロック製品に行きついたのです。

AGIインダストリーズ社の化学薬品注入スキッドには、それぞれ最大1,500か所もの接続が必要です。これはつまり1,500か所もの潜在的なリーク・ポイントがあるということになります。スキッドの作動後に漏れが見つかった場合、その是正に多大な労力が必要になり、生産スケジュールに12〜14週間もの遅れが生じることにもなりかねません。

スウェージロックは、AGIインダストリーズ社の課題に対し、FKBシリーズ・バルブとFKシリーズ継手を用いたソリューションを提案しました。2圧縮リング型式継手テクノロジー(特許取得済み)を採用したFKシリーズ継手は、一般的なコーン&スレッド継手に比べて取り付けが容易で、シール性に優れ、さまざまなチューブとの互換性があります。FKBシリーズ・バルブは、6,000サイクルものハイドロ試験を経ても漏れることが無かったのに対し、他の同等のボール・バルブは、60〜120サイクルで漏れが生じました。


「スウェージロックは常に我々の話に耳を傾けてくれます」と、AGIインダストリーズ社の設計システム・アナリスト、トニー・テイラー氏は述べています。「スウェージロックは以前にも増して大きな力になってくれています。何千か所もの接続部があるのにも関わらず、これまでにスウェージロックの継手に不具合は生じたことは一切ありません」


AGIインダストリーズ社は、9つのスキッドでFKシリーズ製品を使用しました。13,500か所もの接続部がありながら、漏れはゼロでした。FKシリーズ継手の優れた性能により、従来のコーン&スレッド継手に見られた不具合のリスクが大幅に削減された結果、AGIインダストリーズ社は、時間と費用を大幅に削減することができたのです。

最寄りのスウェージロック指定販売会社を検索する

>この記事(英語版)のPDFをダウンロードする

AGIのロゴは、AGIインダストリーズ社の許可を得て掲載しています。