alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

トレーニングでオイル/ガス・プラットフォームのリスクを排除する

トレーニングでオイル/ガス・プラットフォームのリスクを排除する

2020年2月11日 | Bill Dickie、テクニカル・サービス・ディレクター、スウェージロック・スコットランド

オイル/ガス産業においては、安全が第一である-これは、この業界で働く誰もが肝に銘じていることです。北海には大規模な油田およびガス田が存在し、50年以上にわたって英国のオイル/ガス産業の最前線となっています。 ここ最近は大規模な事故は発生していませんが、今後も事故発生のリスクを最小限に抑えるには、十分なトレーニングを積んだスタッフが、ベスト・プラクティスを厳守することが必要です。

オイル/ガス事業者にとって、人材開発のためのトレーニングへの投資は欠かせません。 調査によると、炭化水素放出(HCR)は、年間の事故原因の40%以上を占めています (1)。 また、HCRによる事故の50〜70%は、人為的ミスによるものとされています (2)

スウェージロックの各種セミナー/トレーニングの詳細を見る

どのような人為的ミスがあるのでしょうか? 今回は、世界各地のオイル/ガス施設で見られる小口径配管システムにおいて、一般的に行われている施策を紹介します。 また、会社や請負業者のスタッフが適切なトレーニングを定期的に受けることで、上記のような事故は防げることも説明します。

漏れを原因とする事故の防止: オイル/ガス施設では、漏れは重大な事故原因のひとつです。 英国の安全衛生庁(HSE)が実施した小口径配管(SBT)システムの調査によると、継手の約26%に漏れが見つかっています。この数字は、2001年以来ほぼ変わっていません (3)。 漏れの主な原因は、締め付け不足、不適切な部品、取り付けミスとされています。

流体システムでは、人体に有害な物質が使用されていることも珍しくありません。しかし、上記のような漏れによるリスクは、トレーニングで排除することが可能なのです。

優れた小口径配管トレーニング・コースでは、安全かつ適切な継手の取り付け手順を学ぶことができます。 例えば、ベテランのメンテナンス技術者の中には、自分の感覚だけでチューブ継手を取り付ける人もいますが、これは適切な取り付け手順とはいえず、漏れにつながるおそれがあります。 流体システム・アプリケーションを初めて担当する人も、ベテランの技術者も、良質なトレーニングを定期的に受講することで、ベスト・プラクティスや技術に関する最新情報を学び、正しい接続作業を習得することができるため、システムの安全性を維持することができます。

圧力に関わる事故の防止: 流体システムは高圧下で稼働しているため、適切な安全対策を講じていないと、安全性が損なわれるおそれがあります。

まず、流体システムやサンプリング・システムに圧力が加わっている状態では、コンポーネントの施工を絶対に行わないでください。ブローアウトにつながるおそれがあります。 さらに、ナットの緩みや抜け落ちが生じた場合は、継手を完全に 取り外して、最初に不具合が生じた原因を特定することをお勧めします。 トレーニングを積んだ技術者であれば、これらのベスト・プラクティスの両方に従っているはずです。

とりわけ、高エネルギー源を扱う際は、それが運搬しているシステム流体が有害か否かに関わらず、システムを完全に 遮断するタイミングを適切に判断することが求められます。システム内にわずかでも圧力が残っていると、事故につながるおそれがあるためです。トレーニングを積んだ技術者であれば、システムの圧を完全に抜くタイミングを正しく判断することができるでしょう。

取り付けミスを無くし、圧力関連の事故を減らすというのは、オイル/ガス施設の安全性には欠かせません。これは、スタッフの定期的なトレーニング・コースに投資した事業者なら知っていることでしょう。スウェージロックは、世界中のオイル/ガスの専門スタッフ向けに、さまざまなトレーニング・コースを提供しています。いずれのコースも、この分野で実績のある専門家が講師を務めています。安全な配管システムを実現するべく、是非トレーニングの受講をご検討ください。

スウェージロックのサービスについて問い合わせる

(1) Offshore Statistics & Regulatory Activity Report 2018, UK Health and Safety Executive (HSE)
(2) Hydrocarbon Release Reduction Toolkit, Step Change in Safety
(3) Hydrocarbon Releases Offshore Information Sheet No. 2 / 2009, HSE


関連コラム

トレーニングやアドバイス・サービスを活用してスキル格差を解消する4つの方法

流体システムのトレーニングやアドバイス・サービスが、業界で増大するスキル格差を解消するのにどのように役立つかを紹介します。

導入事例:イネオス石油化学工場の安全性を支えるスウェージロック

ドイツ・ケルンにあるイネオスの石油化学工場。同施設での安全なオペレーションは、スウェージロックが支えていると言っても過言ではありませんが、その背景には二社の密接な協力関係があります。 今回は、スウェージロックの流体システム・コンポーネントと専門知識がサポートする、イネオス石油化学工場の安全性を紹介します。

圧縮継手による中圧オイル/ガス・アプリケーションの最適化

中圧オイル/ガス・アプリケーションのトップサイド設備では、取り付けが容易で性能に優れた圧縮継手を使用することで、大きな違いが生まれる可能性があります。