alert icon

Internet Explorer 8および9は、本ウェブサイトの動作確認環境の対象外となります。 Internet Explorerのアップデートを行っていただくか、その他のブラウザを使用してください。

メッセージを閉じる hide icon

チューブ曲げが適しているケースと正しい曲げ加工の方法

チューブ曲げが適しているケースと正しい曲げ加工の方法

Mike Gagel、戦略サービス・スペシャリスト、スウェージロック・ピッツバーグ/チューブ曲げトレーニング 応用コース担当講師、スウェージロック

流体システムの設計や組み立てを新たに行う際、または既存の流体システム部品を交換する際には、さまざまなことを決める必要があります。 ステンレス鋼製のチューブ またはパイプのどちらを選択すべきか、またそれをどう配置して必要な場所にシステム流体を供給するかなどがその例です。

流体システムのアプリケーションでは、従来はねじ切りしたパイプが信頼性の高い選択肢とされてきましたが、さまざまな理由からチューブも有益なオプションとなっています。その理由のひとつとして、チューブは曲げ加工や配置が容易であることが挙げられます。チューブを使用すれば、複雑ながら効率的な流体システムを、少ない接続個所で設計することが可能なのです。

チューブとパイプの違い

さまざまな産業用流体システムにおいて、チューブを曲げることで、従来のパイプ配管に比べて以下のようなメリットが得られます:

  • 接続個所が少ない:個々の部品が少ないということは、潜在的なリーク・ポイントも少なくなるということになります。
  • 時間の節約:チューブを曲げる場合、単純な曲げ方向の転換のたびに切断してバリを除去し、新しい継手を取り付けるという一連の作業が不要なため、作業時間を短縮することができます。
  • 乱流が少ない:曲げたチューブの方が、複数の継手を介する場合に比べて流体がスムーズに流れます。

チューブの曲げ加工にはスキルが必要です。曲げ加工を正しく行うには、チューブ曲げに最も適した位置、かつシステムにとってもメリットがある位置を識別する必要があります。また、 ベスト・プラクティス に従って、適切な機器を使用し、高品質の曲げ加工を行うスキルを習得しなければなりません。今回は、チューブ曲げの基礎、チューブの曲げ加工が適しているケース、そして正しいチューブ曲げに必要なポイントを紹介します:

チューブの曲げ加工が適しているケース

流体システムの設計と組み立てを適切に行うには、事前準備が欠かせません。流体を移送するのにどの材料を選択するにせよ、システムの他の重要な部分に干渉することなく、液体やガスをA地点からB地点まで運ぶというのが流体システムの目的です。アプリケーションによっては、この目的を達成するのは容易なことではありません。

 

チューブ曲げトレーニングについて問い合わせる

まず、 チューブがパイプよりも適しているかを判断します。ここで考慮すべきポイントがあります。パイプを使用して希望する配管を構築するには、パイプを切断し、バリを取り、ねじ切り加工を施さなければなりません。すべてのおねじには、PTFEテープを巻き付けるか、シール剤を塗布する必要があります。その後、パイプ継手をレンチで締め付けます。システムを適切に構築すれば信頼性は高まるものの、組み立てプロセスには、かなりの作業時間を要する可能性があります。特に複雑なシステム・アプリケーションの場合は、言うまでもありません。さらに、新たに設けた継手の接続個所は、たとえベテラン作業員が組み立てていたとしても、潜在的なリーク・ポイントであることに変わりありません。

 

こういった面を考えると、チューブ曲げにはメリットがあると言えます。チューブも切断やバリ取りが必要ですが、継手を使用する代わりにチューブを曲げるだけで大半の曲げ方向の転換を行うことができます。1本のチューブを曲げるだけで複数の曲げ方向の転換を行えるのとは対照的に、パイプはさまざまな配列調整や継手の接続が必要となります。さらに、パイプのエルボーに比べて、チューブの曲げ部では、システム流体が流れる際の乱流が少なく、システム流体がスムーズに流れます。また、チューブはパイプよりも軽量なため、パイプほど多くのサポートを必要としません。

希望するチューブの配置を定める際は、 曲げ方向の転換をどのように行うかを決めましょう。曲げ方向の転換を行うには、曲げ、または複数のチューブを高品質のチューブ継手で接続します。曲げることで大半の曲げ方向の転換を行うことができますが、曲げ加工と継手のどちらを選択すべきかは、状況によって変わります。

単純な90°の曲げ方向の転換(図を参照)は、配管に欠かせないオフセットに便利で、曲げ加工によって効率よく達成できることがよくあります。例えば、パネルを横切るチューブ配列が必要で、かつアクセスの妨げにならないようにしたい場合(図を参照)、一連の90°曲げを行うのが効率的です。曲げ加工は、狭いエリアで複数のチューブが互いに近接した状態で方向を変えなければならないようなケースでも有効です。ローリング・オフセット、平行曲げ、複雑な曲げ、分割した曲げといった複雑な方法も適用できますが、高度な曲げスキルや経験が必要になることがあります。

曲げ加工が必ずしも適切であるとは限りません。最小長さのチューブを曲げる場合でも、チューブを安全にチューブ継手に取り付けることができるようにする必要があります。複数の短いチューブを使用する場合は、継手で接続して曲げ方向の転換させる方が適しています。さらに、特定の曲げ方向の転換を行うのに複雑な曲げが必要な場合は、継手を使用する方が良い場合もあります。このように、チューブ曲げによって安全かつ効率的でコスト効率の高いシステムを構築するには、スキルと経験が非常に重要であることがわかります。

チューブ曲げ加工の技巧を適用する

流体システムのニーズに合わせてチューブ曲げを採用することに決めたら、作業を正しく行うのに必要なスキルを持っていることが重要です。チューブの曲げ加工は、スキルと同様に技巧が必要な作業であり、三次元的な思考を働かせて図面上の設計を物理的なシステムに変換する必要があります。また、最初の数回のチューブ曲げ加工が完璧だったとしても、最後の曲げでミスがあれば、チューブ全体がスクラップになってしまう可能性があります。

実用的な観点から、正確かつ高品質な曲げ加工を行うには、チューブ・ベンダーなどの機器を使用する方法も知っておく必要があります。大半の曲げ用途に使用できる一般的な機器として、ハンド・チューブ・ベンダーとベンチトップ式チューブ・ベンダーの2つが挙げられます。以下の動画では、各チューブ・ベンダーの使用方法をご覧いただけます:

ハンド・チューブ・ベンダーの使用方法:

この動画では、ハンド・チューブ・ベンダーを使用して、チューブを正確かつ効率的に90°や180°に曲げる方法をご覧いただけます。Swagelok® ハンド・チューブ・ベンダーを使用すれば、Swagelokチューブ継手に使用されている大半の材料から作られたチューブの高品質な曲げ加工を一貫して行うことができます。

ベンチトップ式チューブ・ベンダーの使用方法:

この動画では、Swagelok®ベンチトップ式チューブ・ベンダーを使用して、大半の材料から作られたチューブの高品質な曲げ加工を正確かつ繰り返し行う方法をご覧いただけます。

上記の動画で紹介しているベスト・プラクティスに従うことで、ごく単純な曲げにすら支障が出るようなさまざまなミスを回避することができ、結果として時間、労力、コストの削減につながります。

最終的には、高品質のチューブ曲げ、特に高レベルな曲げを行うには、実践と経験に裏打ちされたスキルが必要になります。チューブ曲げによって安全かつ効率的な流体システムを構築するために欠かせない実用的な知識を身につけるには、トレーニング・コースの受講が非常に有益です。そこでスウェージロックでは、 基礎 から 高度な技術 までカバーした、チューブ曲げのトレーニング・コースを開発しました。このトレーニングでは、流体システムの現場ですぐに使える実践的なスキルを学ぶことができます。チューブ曲げのスキル向上に興味がございましたら、最寄りのスウェージロック指定販売会社までお問い合わせください。

チューブ曲げトレーニングについて問い合わせる

関連コラム

複雑なチューブ・システムを構築する際に必要な3つの「T」

ハンド・チューブ・ベンダーでチューブを曲げる際に必要な3つの「T」をご存知でしょうか。今回は、複雑なチューブ・システムにおいてリーク・ポイントを減らし、適切な流量を実現する方法を紹介します。

システムの漏れを防ぐ:チューブの適切な前処理の重要性

チューブ継手を正しく取り付けるには、さまざまな要素を考慮する必要がありますが、最も重要なのは、取り付ける前にチューブに適切な前処理を施すことです。今回は、チューブを正しく取り扱い、適切に切断してバリを除去し、漏れによるコストとリスクの上昇を抑える方法を紹介します。

人手不足を緩和する流体システム製造

プラントにおける安定的なオペレーションは、さまざまな流体システムによって支えられています。人材が不足している場合、製造を外部委託することで状況を大きく改善できるかもしれません。